マネーコラム一覧

  • 家計

大家族ママFPのお役立ちコラム 新生活応援!賢い不用品処分法

春は新生活の季節!引っ越しを控えている方も多いことでしょう。新しい部屋に入り切れないほどの沢山の荷物を抱えている皆さん、引っ越し前の整理は早目に始めるのが吉です。モノが多いと引っ越し代金も高くなります。今回は不用品を賢く処分する方法をお伝えします。


意外とかかる処分料金

高いお金を出して買った大きなモノほど処分にお金がかかります。粗大ごみ料金はいくらかかるかご存知ですか?例えばカラーボックス400円、子ども用自転車400円、サーフボード400円、電子ピアノ2800円です。(※自治体による)さらにすぐ捨てたいと思っても予約が必要で、今日の明日で回収してもらえるわけではありません。買うのにお金がかかったのに捨てるのにもお金をかけるなんて…この費用何とかならないものでしょうか。

 

賢い捨て方あるんです!

実はもとは粗大ごみであっても30センチ以内になるようにカットすれば普通ごみに出すことができます。また、収集に来てもらうのではなく、集積場に持っていくことで、大きさに関わらず1つ300円といった一律料金で処分してくれることもあります。(※自治体による)

 

譲って、寄附して、みんなHAPPY

モノを処分する方法は捨てることだけではありません。譲ったり、寄附することができるのをご存知ですか?

我が家で不要になったものでも他に必要な人がいるかもしれません。まず、周りに声をかけてみましょう。意外と「え!?いいの!?買おうと思っていた!」という人もいるはずです。もし、スペースがあるようでしたら、「ご自由にどうぞ、○日に処分予定」などと貼って置いておくというのも手です。また、物品寄附を集めて発展途上国などに送る活動をしている団体もあります。送料は送る側が負担のところがほとんどですが、捨てられなくて困っているものが誰かの役にたつのは嬉しいですよね。

 

不用品処分で小遣いがGETできる!

不用品を売ってお金に変えることもできます。一番手っ取り早いのがリサイクルショップへの持ち込みです。高価なもの、きれいなモノであればリサイクルショップで買い取ってくれます。もう少しお金にしたいなら、オークションやフリマアプリで自分で売るのがおススメです。リサイクルショップで高価で買い取ってもらえるようなものはもっといい値段で買ってもらえる可能性が高く、リサイクルショップでは買い取ってもらえないようなものでも買い手がつくこともあります。(※販売禁止品もあり)

 

フリマアプリで売ってみよう

フリマアプリの魅力は何といってもスマホで出品できるという手軽さです。オークションと違って終了時間まで待つ必要がなく、即時売買できます。出品に必要な入力項目もシンプルで、指示に沿って順番に入力するだけ。またお金のやりとりはアプリの運営会社が仲介してくれるので安心です。フリマアプリはいくつかありますが、利用の流れはだいたい同じです。

 

アプリをダウンロードしてユーザー登録

スマホで商品を撮影

商品の説明と金額を設定して出品

売れたら発送

評価して売上金GET☆

 

スマホで商品をパシャっと撮影し、商品説明をささっと書くだけで出品できるのでとても簡単です。購入者が支払いを完了させたら発送します。購入者が商品を受け取り、購入者、出品者相互に評価をしたら初めて売上金が出品者の手元に入ってきます。このように代金のやり取りについては出品者と購入者が直接行うのではなく、アプリ運営者が仲介してくれるので口座番号を購入者に開示する必要もなく安心です。

最初の一歩がなかなか踏み出せないかもしれませんが、やってみると簡単ではまってしまう人続出です。

 

筆者が初めてフリマアプリを利用したとき、一番最初に売れたのはテレビのリモコンでした。付属でついてきたもので何となくしまい込んでいたものが1000円で売れたのは衝撃でした。また、粗大ごみ券を購入して出しておいたカラーボックスが誰かに持っていかれたこともあり、これもまた衝撃でしたが、欲しい人がいるんだということに気づかされました。それ以来、一度周りに聞くようにしました。まだ乗れるけど新調して不要になった自転車も寄附することができました。

 

捨てるのが一番てっとり早い方法ですが、捨てることに抵抗があって、モノを溜め込んでしまう人が多いのも事実。譲る、寄附する、売ることで捨てなくても済みます。家に眠っている不用品、ぜひこの機会に全部まとめて処分してしまいましょう!

 

※本コラムは楽天証券<お金と投資をもっと身近に>投資情報メディア「トウシル」にて執筆したコラムを転載しております

暮らしのお金についての「困った!」を解決します。

■ この記事を書いた人 ■

橋本 絵美

橋本 絵美はしもと えみ

  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 二種証券外務員
  • お片づけプランナー
プロフィール
福岡県出身。慶應義塾大学商学部卒。2男4女を育てるママFP。子供=お金がかかるという考え方ではなく、子供は宝であり、ママたちが安心してもう一人子供を産めるようにサポートしたいという思いからFPとなる。お金とモノとの付き合い方を考え、お片づけプランナーとしても活動中。ご相談を受ける中で蓄えてきた知恵と自身の経験を生かし、“貯まる家計の仕組みづくり”と“子どもがいてもすっきり片付く部屋づくり”のアドバイスを行っている。明日から使える節約コラムやママ向けセミナーも好評連載中!
ひとことメッセージ
子ども10人の幸せ大家族を目指すママFPです。今年11年ぶりの男の子を出産しました!あまりのかわいさに家族みんなメロメロです。私自身、子どもが多くても希望の進路に進ませてあげたい!と自身の家計管理と資産運用も日々研究と改善を重ねています。そんな経験をもとにした相談、コラム、セミナーは大変好評いただいております☆(目からうろこの家計術だそうです。笑)もう一人子どもが欲しい!子どもの将来のためにお金を貯めたい!と思ったら一度相談してみてください。皆さんが希望の未来を描けるようにサポートさせていただきます!