FP相談について(ご挨拶)

FPに相談して
家計の「困った」
解決しよう!

柳澤美由紀からのご挨拶

※ 個人の方のFP相談は「株式会社 FPフローリスト(※1)」でお受けしております。

結婚、出産、住宅購入、リタイアメントなど、人生のステージにおける家計のお金の「困った」を解決し、お客様の夢を可能な限り、希望通りに実現するお手伝いをすること。それが「株式会社 FPフローリスト」に所属するファイナンシャル・プランナー(FP)の役目です。私たちが大切にしているのは、次の3つです。

  • お話を聞く

    お悩みや希望の状態、現在の状況などを丁寧にヒアリングいたします

  • 整理・提案する

    お聞きした情報をわかりやすく整理し、それをもとに解決策を提案します

  • お手伝いする

    解決策としてご提案したことを実行できるようにサポートいたします

働きかたや生きかたが多様化している現代、一問一答スタイルのアドバイスではミスリードにつながることがあります。だからこそ、少しお時間を頂戴しますが、この3つを大切にしています。

個人の方のFP相談

株式会社 FPフローリストに所属するFPは全員女性です。そして、全員がFP資格(CFP®※2 / AFP※3 / 1級・2級・3級FP技能士※4)を保有しています。家計と真剣に向き合い、日々工夫を重ねている女性FPが幅広い専門知識と真心で、あなたの「困った」を解決します。

「弁護士や税理士に相談するように、敷居が高いのでは?」「相談料はどれくらいするのかしら?」そんな声が聞こえてきそうですが、ご心配はいりません。普通のご家庭で無理なくご利用いただける料金設定になっております。どうぞお気軽に相談してください。

「家計アイデア工房」代表 柳澤 美由紀

※1 株式会社 FPフローリストは、柳澤美由紀FPが役員を務め、相談員としても登録しているFP会社です。お客様の利便性向上をはかるため、家計アイデア工房のFP相談は同社サービスに一本化しております。旧相談メニューは2015年12月末日をもって新規受付を終了しております。

※2 CFP®とは、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界24カ国・地域(平成27年2月現在)で認められた世界水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる、プロフェッショナルであることを証明する資格です。AFP資格と同様に2年ごとの資格更新に所定の継続教育が義務付けられています。

※3 AFPとは、2級FP技能検定の合格とAFP認定研修の修了といった要件を満たし、日本FP協会へ登録することで、付与される資格です。2年ごとの資格更新に所定の継続教育が義務付けられており、常に知識とスキルの向上を行っています。

※4 1級・2級・3級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定は、厚生労働大臣より職業能力開発促進法 第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受けて、日本FP協会ならびにが実施する国家検定です。

FP相談メニュー

どのメニューを選んでよいか迷われる方は「初回相談」をどうぞ。初回相談はこちら